クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:20 12 2021

オレの女の子は、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、女の子は「やめたい」と言い出しました。

オレはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった主人に経緯を聞いてみると、
女の子の出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
女の子の気持ちを思うと、
父母としてなんと言って励ましていいのか…

「母と一緒に練習しよう…」と
女の子に話しかける他ありませんでした。

その時のオレはまだ、
どうして女の子が泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
女の子もそれなりのプレーをしました。

それなのに、
女の子はまた「やめたい…」と言い出したのです。

オレは、女の子が今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

女の子の心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかり女の子の自信を奪い、心と身体が頑なになり、
動けなくなっていたんです。

オレは女の子の練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
と女の子の心のネジを巻きました。